『透明感のある美しい素肌を維持したい!』

 

この記事でわかること。
①目の日焼けがお肌に与える影響。
②目からの日焼け対策でサングラスは必要か!?
③効果的なサングラスを選ぶ方法。
④オシャレでお手頃なサングラスが買えるお店。
⑤飲む『日焼け止め』で徹底的に紫外線を対策する方法。
⑥若々しく透明感のあるお肌を維持する方法。

 

冬でも曇りの日でも紫外線は常に降り注いでいます。その紫外線がお肌に悪影響を与えていることはご存知ですよね。『肌老化の約65%は紫外線が原因』と言われています。

 

いつまでも透明感のある若々しいお肌を維持するためには、いかに紫外線対策をするかが重要なポイントになるのです。さらに『目からも日焼けする』ということを聞いたことはないでしょうか?そのため紫外線対策としてサングラスを検討している人も多いもの。

 

今回は、目からの紫外線がお肌に与える影響と、サングラスで紫外線対策をする方法、そして最後にはもっと効率的に紫外線対策をする方法をご紹介します。

 

男性も女性も、いつまでも綺麗で魅力的なお肌を維持したいですよね。紫外線のダメージに後悔する前に、ぜひチェックしてみてください。

 

 

目から入る紫外線で『お肌が焼ける』って本当!?

 

紫外線がお肌に当たって、お肌が焼けて黒くなるのはわかります。でも、目から入った紫外線でお肌が焼けるのでしょうか?これを知るために1つの実験結果をご紹介します。それが有名な「大阪市立大の研究チーム」の実験結果です。

 

この実験は、まずマウスを3群にわけます。紫外線を「1、あてない」「2、耳の皮膚だけにあてる」「3、目だけにあてる」という実験を行い、紫外線によるメラニン色素ができるのか実験をしました。結果は驚きで3のマウスの耳にも2と同じ量のメラニン色素ができたのです。人体でも同じことが起きる可能性は否定できません。

 

メラニン色素とは紫外線が当たると製造されるものであり、肌細胞が紫外線の刺激を受けないように守るためのものなのです。このメラニン色素が作られることで『お肌が黒くなる』のです。

 

通常、メラニン色素はターンオーバーで排出されますが、過剰に作られて排出できなかったものがシミなどの原因となるのです。目からの紫外線でもメラニン色素が生成されますので、どれだけ日焼け止めなどでしっかりと対策していても、目が無防備な状態であればきけんですよね。

 

紫外線がお肌に与える影響は、本当に恐ろしいものです。コラーゲンが劣化することで、ハリツヤのあるお肌が失われ、シミやシワの原因となり、ニキビなどの肌荒れの可能性があり、黒くくすんだ透明感のないお肌になってしまい、結果的にお肌が老化して老け顔の原因となってしまいます。

 

しかも、紫外線のダメージは完全に回復することができないのです。問い返しのつかない状態になる前に、しっかりと対策したいですよね。

 

目からの紫外線の影響はお肌だけではありません。角膜炎や白内障などの目の病気の原因となる可能性もあります。さらに目の疲れや乾きなどの不快感を感じたり、紫外線は目の機能にも影響を与えてしまうものなのです。

 

目のためにもお肌のためにも、目から入る紫外線はしっかりと対策するのがおすすめ。ここからは、目からの紫外線を対策する『2つの方法』をご紹介します。

 

『2つの方法』で目からの紫外線を徹底対策!

 

ここからは、目からの紫外線を対策する具体的な方法をご紹介します。紫外線対策として、どんな方法をご存知ですか?『日焼け止めを塗る』だけでは不十分な場合が多いもの。

 

目には日焼け止めを塗ることができませんし、常にサングラスをつけていられるわけではありませんよね。さらにサングラスが似合わないと思っている人もいますし、ファッション的にも好きではない人も多いのです。

 

美白肌を維持するためには、紫外線対策は避けて通れません。せっかくの機会ですので、徹底した対策法をマスターしてくださいね。

 

1、『飲む日焼け止めサプリ』で全身ケア!

 

飲む日焼け止め』をご存知ですか?特に最近では多くの人が愛用するサプリメントの1つです。これにはたくさんのメリットがあるのです。

 

今回は『目からの紫外線』に焦点を当てていますが、そもそも日焼け止めを目に塗ることはできませんよね。だからと言って何もしないわけにもいきません。サングラスが使えない場合もあります。そこでオススメするのが『飲む日焼け止めサプリ』なのです。

 

詳しくは『飲む日焼け止めサプリ』のメリットまとめでも紹介していますが、これは紫外線対策の成分が含まれたサプリメントです。

 

サプリメントですので、面倒な日焼け止めを塗る手間もありませんし、敏感肌で日焼け止めを塗るとお肌が荒れる人でも使えます。そして何より、目からの紫外線対策の1つにもなります。目からの紫外線自体を防いだりダメージを軽減するわけではありませんが、紫外線を受けたあとのケアに役立ってくれるサプリなのです。サングラスと併用するとより高い効果を期待できます。

 

他にもたくさんのメリットがあります。紫外線対策の成分だけでなく、ビタミンやミネラルなどの、お肌に嬉しい栄養素が含まれているサプリも多いのです。紫外線対策の成分とお肌のための栄養、この2つが同時に摂れるのは一石二鳥ですよね。

 

本格的なサプリメントはそれなりにお値段もしますが、かなり安価でお手頃価格に設定されているものもあります。『本気で美肌を実現したいだけ』がチェックしてみてください。詳しくは『飲む日焼け止めサプリ』を5つ厳選で紹介しています。

 

2、『サングラス』を使う!

 

目からの紫外線対策の定番は、やはり『サングラス』ですね。世界中のセレブやモデルさんなどはサングラスを頻繁に使いますよね。顔を隠している役割もありますが、目からの紫外線対策で使っています。

 

アメリカやヨーロッパに比べると、日本人にはまだサングラスの文化が定着しているとは言えません。それに『オシャレ目的』での使用がほとんどですよね。特に5月ごろからは、紫外線もどんどん強くなります。外出時やレジャーの際には必ず使うクセをつけたいものです。

 

サングラスを持っていない人は、最低でも1つは持っておきましょう。これからサングラスの購入を考えている人は、『しっかりと選んで』から決めてくださいね。ここから、サングラスの選び方をご紹介します。

 

紫外線対策としての『サングラスの選び方』

 

サングラス選びのポイント
①暗く濃すぎる色のレンズに注意。
②フィット感とレンズの大きさを重視する。
③UVカット機能が付いているものを選ぶ。

 

真っ黒な色のレンズ』のサングラスが主流ではありますが、実は濃い色のレンズはかえってリスクを高める恐れがありのです。「濃い色のほうが紫外線を防げるのでは?」と思ってしまいますが、実はそうではなく、選び方にはコツがあるのです。

 

まずは色の選び方から。暗くて濃い色のレンズをつけた場合は、光をもっと取り込もうと『瞳孔が開いた状態』になります。瞳孔が大きく開けば開くほど、紫外線をたくさん取り込んでしまうのです。紫外線を対策するためにサングラスをつけるのに、かえって多くの紫外線を取り込んでしまえば意味がありませんよね。そのため少し薄めの色、暗すぎる色は避けるように注意してください。

 

次に『フィット感』と『レンズの大きさ』について。あまりに小さいレンズでは、紫外線が入り込んでしまいます。大きすぎるレンズも問題がありますが、しっかりと覆えるくらいの適切な大きさのレンズを選んでください。

 

そして『フィット感』も大切です。サングラスを使う場面は、外出時やレジャー時が多いもの。そのため動く環境でもしっかりとフィットしている必要があります。すぐにずれてしまえば、付けていることにストレスを感じますよね。

 

最後にUVカット機能があるものを選びましょう。ここは紫外線対策をするうえでとっても大切なポイント。黒ければ紫外線をカットできる訳ではないのです。

 

まずはいくつかお気に入りの候補を探してみてください。たくさんの種類があるSmartBuyGlassesがおすすめ。サングラスはレイバン以外にも良いものがたくさんありますよ。お手頃価格でかっこいいものもたくさんありますので、探してみてください。

 



 

サングラスが苦手な人は『透明伊達メガネ』も!

 

目からの紫外線対策ではサングラスがおすすめですが、サングラスが好きではなかったり、似合わないと思っている人もいますね。いくら紫外線対策とはいえ、無理して使いたくない。そしてサングラスが好きな人でも、冬に使うのは難しいもの。夏はサングラス、冬は透明レンズという選択もできます。

 

サングラスが苦手な人や冬におすすめしたいのが『透明の伊達メガネ』です。先ほどサングラスの選び方で、大切なのは色ではなくUVカット機能とご説明しました。透明だから紫外線がカットできないというわけではないのです。

 

例えば代表的なものであれば【PCメガネ JINS SCREEN】などですね。パソコンをたくさん使う人にも愛用されています。JINSはベーシックなものから個性的なものまで、あらゆる種類のフレームもありますので、比較的じぶんに似合うメガネが見つかりやすいのも魅力的。

 

いままではメガネは似合わないと避けていた人でも、使ってみるとまた違う印象が出て新しい魅力になるかもしれません。

 

また仕事で外出が多い人にとっても便利なアイテム。仕事で室内でも使えて、そのまま外出することもできますよね。価格もお手頃ですので、一本持っておいて損はないかもしれません。わたしも主に仕事で愛用しています。

 

せっかくなら『いつもと違うじぶん』を楽しむ!

 

ここまで『飲む日焼け止めサプリ』と『サングラス』を使って、目から入る紫外線を対策する方法をご紹介しました。

 

いくら美肌や目を守るためとはいえ、せっかく試すのであれば楽しみならがやりたいですよね。特にサングラスは『ファッション』としても楽しめます。サングラスやメガネは似合わないと思っている人は多いですが、実は意外と多くの人に似合うサングラスがあるのです。

 

問題は『サングラスの選び方』です。同じサングラスでも、形や色によって印象はさまざま。豊富な種類のサングラスがありますので、あなたに似合うサングラスを探してみてください。

 

おしゃれも楽しめるサングラスであればSmartBuyGlassesがおすすめ。海外の有名ブランドをはじめ、お手頃価格でおしゃれなものまで、たくさんの種類があります。

 

髪型や洋服を思いっきり変えるのは大変ですが、サングラス1つであれば簡単に変えることができますよね。いつもとガラリと印象を変えたい場合に重宝します。いつものあなたとのギャップに、ドキッとする人もいるかもしれません。ファッションに合わせて数種類をストックしておくと便利ですよ。

 

『目からの日焼け対策』まとめ

 

いかがでしたか?
日焼け』とは、直接お肌に紫外線が当たった場合だけでなく、目から入る紫外線も大きな影響を与えていることがわかりました。

 

日焼け止めなどでしっかりと対策をしているつもりでも、実は「目からの紫外線で日焼けしてしまった」なんてことになれば、普段のケアがもったいないことになってしまいますよね。

 

繰り返しですが、目からの紫外線対策で大切なのは、『飲む日焼け止め』と『サングラス』を使うことです。状況に合わせてどちらか一方を使っても良いですし、併用して徹底した紫外線対策を行っても良いですね。特に春から紫外線が強くなりはじめますので、細心の注意を払って日々のケアを行ってください。

 

特に男性は注意が必要です。日焼け止めも塗らなければ、飲む日焼け止めやサングラスも使わない男性は多いですよね。それで女性から『最近老けました?』なんて言われて、適用にごまかしながらも『がっかりする』なんて人も多いもの。日頃から紫外線対策をしていなければ、思った以上に老けてしまうのは当然のことなのです。

 

いつまでもかっこいい男性でいたい、いつまでも若々しく素敵な男性でいたいと思えば、地道な紫外線対策を続けていくことが大切です。いまは良くても、数年後にきっと後悔してしまいます。「俺はまだ大丈夫」なんて考えずに、いまから少しずつでも対策をはじめてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 



 

※追伸 もし日焼けしてしまったら『72時間以内』にケアを!

 

どれだけ注意深く日焼け止めのケアを行っても、強い紫外線によって日焼けしてしまうこともありますよね。もしくは日焼け止めを忘れることもあるかもしれません。

 

多くの人は『焼けてしまった』と後悔しますが、まだ諦めるのは早いですよ。日焼けしたあとは『いかにアフターケアをするか』が重要なポイントです。アフターケアによって、お肌の状態は大きく変わります。もし日焼けしてしまったら『日焼け後のアフターケア』厳選5つを試してみてください。