モテる 20代

 

『恋愛での男性心理から本音を見抜く』

 

『男と女』まるで違う生物のように、考え方も行動も違います。

そんな男女が全力でぶつかるのが『恋愛』。

男女の考え方の違いから、全く理解ができなかったり、気持ちが分からなかったり、

時に男性に騙されてしまい、恋愛に奥手になってしまう女性もいます。

 

男性から見る女性の恋愛心理もわかりませんが、

女性から見る男性の恋愛心理(本音)はなかなか分からないものです。

今回は、男性が言いたくても言えない本音、恋愛心理の特徴をまとめます。

恋をしている女性は1つの参考にしてみてください。

本当にすごい男もいますので、素敵な男性を見抜いてくださいね。

 

1、男はみんな『女好き』

 

150415242064_TP_V

 

なかには男性が好きな男性もいますし、恋愛に奥手の男性もいます。

ただ前提としては『男はみんな女好き』と言えます。

女性から笑顔で接してもらったり、好意を抱かれたり、スキンシップをされたり、

女性となにかしらの接点を持つだけで嬉しくなるものです。

むしろ、仕事を頑張るモチベーションが恋愛であったり、

ダイエットやスキンケアを頑張る原因も女性からモテるためであったり、

男性は根本的に女性が好きな生き物なのです。

 

女性のなかでも男好きの女性もいると思いますが、

男性の場合はほとんど例外なく女性好き。

浮気などを疑われることも多い男性ですが、

その女性を好きか嫌いかに関係がなく、女性自体が好きな生き物でもあります。

 

女性のみなさん、引かないでくださいね。

男と女の恋愛のズレも、ここの根本が関係していることも多々あります。

 

2、男は”いつでも何歳でも”『モテたい』と思っている

 

TS852_honkidefree_TP_V

 

男は基本的に、何歳になってもモテたいと思っています。

小学生から60歳を過ぎた男性まで、みんな女性からモテたいのです。

もちろん、本当に好きな女性、パートナーを大切にしている男性もいます。

そして一度も浮気をせずに、一途に愛する男性もいます。

ただその女性の有無にかかわらず、女性からモテると嬉しいのが男の本音。

これは女性が男性からモテたいと思う恋愛心理よりも男性の方が強いと考えられます。

 

男性は女性からモテたいために、実に様々な努力をします。

例えばダイエットしたり、筋トレしたり、おしゃれをしたり、スキンケアをしたり、

他にも目的はありますが、一番は女性からモテるためにしている場合が多いものです。

女性からモテることが、一種のステータス、男として認められた満足感になっているのです。

それが男にとっての幸せであり、そう感じるのが男の本能でもあります。

 

他の女性をついつい見てしまったり、彼氏が他の女性と嬉しそうに話しているのを見ると、

なんだか不安になったり、怒りを覚えることもあると思いますが、

『好き嫌いに関係なく』男は女性からモテたい生き物。

そう思うと、男性との恋愛も少し楽に楽しめるのではないでしょうか。

 

実際に『80歳以上の男性』が、女性からモテるために努力していることもあります。

信じられないような話ですが、男は何歳になってもモテたいのだと痛感させられます。

 

『男はみんな女好き』『男はいつまでもモテたい』これが男性の恋愛心理、本音なのです。

 

3、『ココロ』と『カラダ』はまったく別物

 

bodymen

 

こういうことを書くと、女性のみなさまから引かれる恐れがあります。

しかし、ここの認識の違いから、男と女で分かり合えないことがたくさんあります。

女性は参考までに読んでみてください。

 

女性の場合は、本当に好きな男性、好意を持っている男性としか、

基本的にはカラダの関係に発展することはないと思います。

もちろん複数の男性と関係を持つ女性もいますが、それはかなりの少数派です。

だからこそ、女性の浮気は本気、もう気持ちが切り替わっている、と言われるのです。

 

ですが男性の場合は、カラダの関係の『ココロ』はまったく関係がありません。

日本全国、世界的にみても『風俗』の文化が発展しています。

もちろん風俗に行く男性は、その風俗嬢が好きで行っているわけではありません。

単純に男性の本能を満足させるために行っているのです。

これは風俗に限らず、彼女や奥様以外の女性と関係を持つ場合も同じです。

その女性のカラダの関係に魅力を感じており、気持ちはまったく関係がないのです。

男性の浮気は、ほとんどの場合が気持ちは入っていません。

本当に単純な本能、そしてただ満足するために行っているのです。

 

実際に仕事の付き合いで風俗に行ったり、女性との合コンに行く男性は多いものです。

その男性のなかには本当に好きな彼女がいたり、パートナーがいたりするもの。

彼女やパートナーのことは心から愛していても、カラダは別物と考える男性は多いのです。

 

そして実際に彼が風俗や別の女性との関係を持っても、

彼女は絶対に『自分を責める』ことはする必要がありません。

その原因は間違いなく男性にあるものです。

単純に男性は刺激を求め、本能を満たしたいだけです。

 

女性からみると最悪な男性の恋愛心理ですが、実はここの認識の違いで揉めることはよくあります。

女性が考えるカラダの関係と、男性が考えるカラダの関係は、大きく異なっているのです。

 

4、『想像以上にスタイルが大事』

 

stayl

 

男性が好きなカラダの一部というと『胸』が真っ先に思い出されます。

小さくても良い、あまり重視しない、と言う男性もいますが、

実際に多くの男性に聞くと、やはり胸を重視する男性は多いものです。

なぜ胸が好きなのか?

その理由はわかりませんが、安心感を抱く人もいれば、刺激を受ける男性もいる、

本能なのか理由はわからなくとも、やはり大多数の男性が胸を重視しています。

 

胸以外にも、足なども含めたスタイル全体を重視する傾向にあります。

やっぱり性格が良い人が良い、体型なんて気にしない、と言う男性もいますが、

一番最初に目に入るスタイルによって、その女性への興味を抱くことは事実です。

そこから興味を抱いて、さらに中身を知りたいと考えるわけです。

ここまで書くと男性は『カラダのことしか考えていない』と思われがちですが、

実際に結婚する女性、お付き合いする女性は、性格など内面の魅力で判断することも多いのです。

ただし、そんな女性を選んだとしても、スタイルで女性に惹かれるのは男性の本音です。

 

5、ほとんどの男性が『下心』を持っている

 

max16011518-2_TP_V

 

男女の友情は存在するのか?

性別関係なく、友達として信頼関係を結んでいる人は少なくありません。

そのため、男と女でも、友達としての関係をつくることはできます。

ただ注意が必要のが、よっぽどタイプではない女性以外には、男性は基本的に下心を持っているということです。

例えば2人で飲みに行く飲み友達の女性などは、

『あわよくば』なにか進展があれば良いな、もしくは一夜だけの・・・・

なんて下心満載で考えている男性がほとんどです。

仮に口に出さなくとも、男性の本音は実は単純なものです。

 

女性は男性を見抜く際には、男性は下心があることを前提に考える必要があります。

その女性だけに好意を持っているから、女性から好意を抱かれる行動をするのではなく、

他の女性にも同じ行動をしている男性は多いのです。

すぐに誘ってくる男性、甘い言葉を何度も言う男性には注意が必要です。

そして『あの男性なら大丈夫』という甘い考えで、失敗することも多々あります。

『男性は下心を持っている』ということを前提に、注意深く行動しなければなりません。

 

6、『仕事』と『恋愛』どっちが大事?

 

job

 

これはよく聞かれる質問で、男性が困る質問でもあります。

答えは『両方大事ですし、タイミングによる』というものです。

 

例えば女性は、仕事で落ち込んでいるときに一緒にいた男性と恋に落ちることが多いと言います。

男性は反対に、仕事が絶好調のときに恋愛をしたいと考えます。

仕事がうまくいっていないとき、起業などで忙しくて余裕がないとき、

そんなときは恋愛に集中したり、彼女のことを考える余裕がありません。

そんなときに女性から迫られれば『面倒』だと感じてしまうのです。

 

反対に恋愛に積極的なときは『仕事が順調』という証拠でもあります。

もし気になる男性がいる場合は、仕事で落ち込んでいるとき、辛い時期よりも、

うまくいっている時期を選んだ方が成功する可能性はぐんと高くなります。

タイミング次第で発展することも失敗することもありますので、

男性にアタックするタイミングは慎重に見極めてくださいね。

 

7、男友達との遊びには『ついてこないでほしい』

 

favorite

 

彼氏や旦那が男友達と遊びに行くときに『ついていっていい?』と毎回聞く女性もいます。

本当に大切な女性であれば友達にも紹介することも多いですが、

実際に男だけの遊びに彼女が付いてくるのは、男性心理の本音では『絶対に嫌』と感じる人が多いのです。

男にとって友達との遊びは本当に大切です。

 

彼女に悪いことをするわけでなくとも、男だけで話したいことがたくさんあるのです。

例えば今回書いた男の恋愛心理、男の本音など、

女性の前では話せないような話がたくさんあるのです。

彼女の愚痴や辛いことを話すこともあります。

でもそんな話が、彼女との関係をうまく維持するためにも大切のです。

 

もしも彼との遊びに毎回ついていっている女性、自分も一緒に行きたいという女性は、

一般的には男性に自由に遊ばせてあげるほうが上手くいく可能性が高いでしょう。

心配になることもありますし、寂しい思いもするでしょうが、

それくらいの器量で見守れる女性のほうが圧倒的にモテます。

 

8、つい『自分を大きく』見せてしまう

 

顔 むくみ 1

 

男性はつい自分のことを過剰に大きく見せてしまいます。

その女性に良く思われたい、尊敬されたいという本音があるのです。

例えば仕事での成功談や、海外での旅の話、昔の喧嘩の話、部活の話など、

ほんとうはそこまですごくないのに、つい自慢したくなるのです。

実際にそんな成功談を聞いても、女性は面白くないでしょうが、

モテたい一心で、男性は話を大げさに言います。

 

そんなときに、キラキラとした目で聞いてくれる女性、驚いてくれる女性、

聞き上手な女性に惚れてしまう男性は多いものです。

実際に面白くなくとも、「この人よく思われたくてこんなこといってるんだ」くらいに、

少し軽い気持ちで聞いてあげると良いと思います。

 

9、お金を持っている『フリ』をする

 

money1

 

男はお金がなくとも、お金を持っているフリをします。

『男はお金を稼ぐもの』『男が家族を養う』、

今の時代はそんな男気のあることはあまり聞かなくなりましたが、

それでもお金を稼ぐ男ほど魅力的であると考えが根付いているのです。

反対に、ケチな男性は嫌われると思っています。

 

デートでも無理して女性に奢ったり、良いホテルに連れて行ったり、

そんな無理をするために、普段は節約生活をしている男性も少なくありません。

それが仕事のモチベーションになれば良いのですが、

無理をして辛くなってその女性と会わなくなってしまうこともあるのです。

 

割り勘にしてあげたり、たまには女性が奢ってくれたい、お金を使わない遊びで喜んでくれたり、

そんな女性と出会うと男性はとっても安心します。

こんな人と付き合いたい、結婚したい、と考えるものです。

男性である以上お金を稼ぐことは使命ですが、

男性に対しては大きな心でその無理を和らげてあげると効果的です。

 

たった1回のランチでも男性に奢ってあげるとすごく喜びます。

 

10、スキンシップをされると『好きになる』

 

0I9A5582ISUMI_TP_V

 

本当に単純な男性の恋愛心理です。

男性はスキンシップをされるとすぐに勘違いし、好きになってしまいます。

クラブ・キャバクラなどで、女性からスキンシップをされて好きになってしまう男性もいます。

スキンシップをされると、「俺のこと好きなのか?」と勘違いしてしまうのです。

好きな男性にはスキンシップをする。

古くから言われていることですが、未だに効果的な方法です。

 

反対に男性は『シャイ・奥手』なのが基本ですので、

好きな女性がいてもなかなかスキンシップができないものです。

そんなときは、女性からスキンシップをしてくれると安心します。

お互いに好意を持っている間なら、女性から積極的に行っても良いですね。

男性を落とすのはスキンシップ、そのくらい単純な男性の心理です。

 

男の『本音』を知ればモテる

 

DI_IMG_5763_TP_V-2

 

いかがでしたか?

男の本音は意外と単純なものです。

その根底には『モテたい』『何歳になっても女性が好き』という男性心理があります。

女性から見ると『子供っぽい』『くだらない』『最低』という意見もあると思いますが、

特に恋愛心理では男と女は別の生き物のように違います。

男性心理を知っている女性は、本当にモテます。

男性心理を知らないふりをして、うまく振る舞える女性は好かれます。

そして男性の恋愛心理、本音を知っていることで、喧嘩を避けることもできます。

 

女性から見るとくだらないことが多い男性の恋愛心理ですが、

恋愛のときにはそれをうまく利用し、円滑な関係を築いてくださいね。

最後までご購読ありがとうございます。