この記事の簡単まとめ
①野菜は『旬』のモノを選ぼう。
②野菜を食べる『習慣』を身につける方法をご紹介。
③特にお肌・美容に優れた野菜と栄養素を解説。

 

『ツルツルでキメ細かな美肌になりたい』
男性も女性も、綺麗なお肌には憧れるものですよね。
でも現実は「肌荒れ・ニキビ」など、あまり良い状態ではない人が多いもの。

いままでに食べてきた『食事』が、あなたのお肌を作っているのです。
特に現代人は『深刻な野菜不足』の状態ですよね。
あなたの肌荒れの原因も、もしかすると野菜不足かもしれません。

 

「野菜を食べなさい」なんて言われても、
じゃあどんな野菜を食べれば良いの?」と疑問ですよね。
もちろんあらゆる野菜をバランスよく食べることが大切ですが、
特に美容におすすめしたい野菜があるのです。

さらに「忙しいし野菜を食べる習慣なんて無理」という人も多いもの。
野菜は1日食べただけでは、あまり効果は期待できません。
きちんと習慣として身につけてこそ、
美肌やダイエットに効果を発揮してくれるのです。

では『どうすれば野菜を食べる習慣が身につくか?』ですよね。
今回はいままで野菜を食べる習慣のない人が、
野菜を食べる習慣を身につけるための方法をご紹介します。

さらに『お肌・美容』にオススメの野菜を厳選します。
それぞれの野菜に含まれている栄養素の解説します。

この機会に野菜不足を解消し、美しい素肌を手に入れてくださいね。
では、さっそく野菜の習慣を身につける方法からご紹介します。

 

『旬な野菜』を食べるメリットとは!?

 

旬な野菜が良い理由
①栄養価がもっとも高いから。
②旬に食べるのがもっとも美味しいから。
③四季を感じて楽しむことができるから。
④安く購入することができるから。

 

野菜を選ぶときは『旬のモノ』を選んでください。
旬の野菜には、たくさんのメリットがあるのです。

野菜には、育ちやすい条件というものがそれぞれあります。
旬な野菜とは、最も生育条件が揃った環境で育てられており、
最も成熟している時期に収穫されているものなのです。

栄養価』がもっとも高い時期であり、
もっと『美味しく』食べられる時期なのです。

後ほど詳しく解説しますが、
野菜には美容にもダイエットにも嬉しい栄養価がたくさん含まれています。
栄養の目的で野菜を食べる習慣を身につけるならば、
その栄養価がもっとも高い時期の野菜を食べたいですよね。
旬の野菜とそうでない野菜を比較した場合、
数倍以上も栄養価が違うような野菜もあるのです。

 

そして『』も大切なポイントです。
野菜の習慣が身についていない人の多くが、
「野菜を食べたいと思わない」と感じています。
それは「食べたいほど美味しいと思わない」ことが起因しています。

旬の野菜は、その野菜にとって一番美味しい時期です。
野菜の美味しさがもっとも引き出される時期なのです。
美味しい野菜であれば、自然と食べたいと思いますよね。
どんな料理に使っても、美味しく楽しむことができます。
栄養価だけでなく味の面でも、旬の野菜を選んだほうが良いのです。

 

他にも『四季を感じること』も旬の野菜のメリットですよね。
日本は四季がある素敵な国です。
よくおばあちゃんが「そろそろ○○の野菜が美味しい季節だね」なんて言いますが、
旬の野菜を知れば、日本の四季をより深く感じることができます。
それぞれの季節に美味しい野菜を楽しむことができれば、
季節の移り変わりをさらに楽しむことができますよね。

 

最後に『旬な野菜は安い』というのも大きな理由の1つ。
野菜がもっとも成長しやすい環境で育てた野菜ですので、
量やコストの面でも安く生産することができますよね。
それでいて美味しくて栄養価が高い。
旬な野菜を選ばない理由はないのです。
特に最近は野菜が高くなってきていますので、
しっかりと旬の野菜を理解して経済的にも恩恵を受けましょう。

では、どうすれば旬の野菜を楽しむことができるのか?
調べてスーパーなどに買いに行っても良いのですが、
定期的に新鮮な旬な野菜を届けるサービスが便利です。
例えばベジタリアンベジタブルなどが良いですね。
季節ごとに新鮮な野菜を厳選して届けてくれるサービスです。
野菜の習慣がない人は特に活用してほしいもの。

 



 

野菜を食べる『習慣』を身につける方法。

 

野菜の習慣を身につける方法
①定期便で購入する。
②旬で新鮮な野菜を届けてくれる農家さんを選ぶ。
③野菜料理本でいくつか定番メニューをマスターする。

 

野菜は美容やダイエットにはもちろん、
日々を健康的に元気に過ごすためには欠かせません。
たまに気まぐれで野菜を食べることはあっても、
習慣的に食べている人は少ないものですよね。
そこで、野菜を食べる習慣を身につける方法をご紹介します。

まずは『美味しい野菜』でなければ、続けることはできません。
野菜が続かない理由、野菜嫌いの代表的な原因は、
美味しいと思わない』からなのです。
上質な野菜を生産している農家さんを見つけて、
旬で新鮮な野菜を食べることが、習慣づくりの第一歩なのです。

一押しの農家さんはベジタリアンベジタブルです。
このサービスは非常に便利で、四季折々の野菜を厳選して、
とっても新鮮な状態で届けてくれるのです。
日本中から移住者が集まる自然豊かな「糸島」という町の農家さんで、
上質な野菜を求めるユーザーさんから愛用されています。

旬で新鮮な野菜はとっても美味しいもの。
美味しい野菜であれば、もっと食べたくなりますよね。
そして結果的には、野菜を食べる習慣が身につくものです。

 

さらに『定期便』を選ぶのも、習慣にするためのコツです。
夜遅くまで働くビジネスマンは、自炊するのもとっても大変。
スーパーで野菜を選んでメニューを考えるのも、
どうしても面倒で辞めてしまいがちですよね。
結局自炊することもなく、野菜の習慣が身につかないのです。

定期便で届けられれば、半強制的に自炊せざるを得ません。
四季折々の野菜が届きますので、
届いた野菜を見てからその野菜に合うメニューを探せば良いだけですよね。
今ではネット上でたくさんのメニューが公開されていますので、
野菜さえ常にある状態にしてしまえば、作るのは意外と簡単です。

 

最後にぜひオススメしたいのが『定番の野菜レシピのマスター』です。
料理の知恵は、一生の財産になります。
ある程度定番のメニューだけでもマスターしてしまえば、
時間がなくともサクッと作ってしまうこともできますよね。
コンビニやスーパーの惣菜だけでは、食べたいものがなかったり、
欲しい栄養を十分に摂取できない場合もしばしば。
やはりある程度の自炊の能力は持っておいたほうが良いもの。
お肌が綺麗な人や引き締まったカラダを維持している人は、
ほぼ例外なくお気に入りの自炊メニューをマスターしていますよ。

料理は一度覚えれば、それほど難しいものではありません。
何か一冊メニュー本を購入して、何度か作ってみてください。
野菜であれば特にこの本がオススメです。

少しづつ料理のメニューを増やしてみてください。

では、ここからはオススメの美肌野菜をご紹介します。
もっと綺麗なお肌を目指す人、ニキビや肌荒れを予防したい人は必見です。

 



 

1、ピーマン(green pepper)

 

ピーマンがお肌に良い理由
①抗酸化作用があること。
②ビタミンCが豊富。
③ビタミンEが豊富。

 

美肌野菜としても代表的な存在が『ピーマン』です。
美容には嬉しい成分がたっぷりと含まれています。

例えば『ビタミンE』をはじめとする『抗酸化作用』は注目。
わたしたちのカラダは「酸化」によって強烈にサビつきます。
あらゆる肌トラブルの原因となり、お肌の老化の原因になるのです。
年齢を重ねると酸化が進んでどうしても元気のないお肌になりますが、
ピーマンはアンチエイジングも期待することができるのです。
またビタミンEは血行促進の働きもありますので、
血色の良い綺麗なお肌へ導くためにも積極的に摂りたい野菜です。

 

そしてもう1つの注目ポイントが『ビタミンC』です。
ビタミンCは「美容ビタミン」と言われるほど有名ですよね。
お肌のハリツヤを維持しているのが「コラーゲン」ですが、
そのコラーゲンを作る材料になるのが「ビタミンC」なのです。

また紫外線を受けるとメラニンサイトが活発化してシミを作りますが、
ビタミンCは、そんなメラニンサイトの生成を抑制する働きもあるのです。
よって「美白にもオススメの野菜」と言われています。

さらに『ピーマンのビタミンCは熱に強い』のです。
他の野菜のビタミンCよりも熱に強いということは、
加熱したり揚げたりと色々な料理に使えるということですよね。
ピーマンは炒めても揚げてもとっても美味しいもの。
お肉と一緒に炒めて中華風にしても美味しいですよね。

お肌に良い栄養を含んでいて、かつ熱に強く調理しやすい。
ぜひ積極的に摂って頂きたい野菜です。

 

2、トマト(Tomato)

 

トマトがお肌に良い理由
①リコピンの強力な抗酸化作用。
②美白作用が確認された結果も!
③食物繊維で腸内環境を整える。

 

あらゆる料理に使えるのがトマト。
サラダとして生で食べても美味しいですし、
ビーフシチューやスープにしても最高ですよね。
トマトソースベースのパスタもお手軽でおすすめ。
男性にも女性にも使いやすい食材がトマトです。

トマトで注目される栄養は『リコピン』です。
わたしたちのカラダは酸化によって老化します。
特に紫外線の影響で活性酸素が発生し、
お肌のたるみ、しみ、しわ、荒れなどのトラブルに繋がるのです。
そんな脅威から守ってくれるのがリコピンなのです。

女性は日頃から紫外線対策はしていると思いますが、
外的なケアだけでなく、食事でも対策するのがベスト。
また男性もせめて食事でのケアは意識したいものですよね。

またトマトに関するあらゆる研究では、
美白効果やアンチエイジング効果が確認されています。

 

さらにトマトの食物繊維も魅力的。
スッキリをサポートし、腸内環境を整えてくれます。
お肌の状態とは、カラダの中の状態を表しているとも言われます。
カラダの中の状態とは、特に腸内環境のことですね。
不要なものはしっかりと出すこと。
腸内環境を健全な状態に保つこと。
これが美肌を実現するために大切なポイントなのです。

 

3、ニンジン(carrot)

 

ニンジンがお肌に良い理由
①βカロテンの抗酸化作用。
②そのほかビタミン類も豊富。
③肌荒れやニキビを予防。

 

日本の家庭料理でよく使われるニンジン。
カレーやシチューなどに入れても美味しいですし、
炒め物にも幅広く使われていますよね。
またジュースやスープにしてもとっても美味しく食べられます。

そんなニンジンは、美肌にも嬉しい栄養素が豊富。
まずは『βカロテン』の強力な抗酸化作用です。
お肌の老化対策として活用できますよね。

またビタミンB群やビタミンAも含まれています。
ビタミンB群は代謝に関わる大切なビタミンで、
糖質や脂質などの代謝を促進してくれます。
美肌にも繋がりますし、ダイエットにも欠かせないビタミンなのです。
さらにタンパク質を活用してお肌を正常に作る働きもありますので、
不足すると良いお肌が作られずに、肌荒れやニキビの原因となります。

 

次にビタミンAは『肌のターンオーバー』に関わっています。
細胞の分化を司る役割があるのです。
お肌はある一定の周期で生まれ変わるようにできています。
これが正常に機能しないと、肌荒れやニキビの原因となるのです。
特にビタミンAは『ニキビ対策に欠かせない』と言われています。
もしニキビに悩んでいる場合は、ビタミンAを意識して摂取してみてください。

 

他にもコラーゲンの材料になる『鉄分』や、
腸内環境の正常化に大切な『食物繊維』など、
美肌やダイエットに欠かせない栄養素が豊富に含まれています。
料理しやすい野菜ですので、日常生活に取り入れてみてください。

 



 

4、ほうれん草(spinach)

 

ほうれん草がお肌に良い理由
①βカロテンの抗酸化作用。
②ビタミンCが豊富。
③鉄分が豊富で特に女性にオススメ。

 

ほうれん草も日本食では頻繁に使われる野菜の1つ。
高い栄養価で美容目的で食べる人も多いですね。

鉄分の代表的な栄養と言えば『鉄分』です。
コラーゲンを作る材料でもありますので、
ハリツヤのあるキメ細かなお肌には欠かせません。
シミやニキビにも効果的と言われており、まさに美容のための栄養素。
お肌が荒れている人に特にオススメの野菜です。
また赤血球を作るミネラルでもありますので、
美容目的以外でも健康的なカラダには欠かせません。

 

次に美容ビタミンの代表格の『ビタミンC』も豊富。
ハリツヤのあるコラーゲンの生成に関わるビタミンであり、
シミやしわをしっかりと予防したい人には欠かせません。
またストレスにもビタミンCは有効と言われていますね。
ストレス・喫煙・飲酒などの生活習慣によって大量のビタミンCが消費されます。
こまめに習慣的に摂取することが求められます。

他にも『カリウム』も大切な栄養素。
塩分によってむくんでいる人も多いですが、
取りすぎた塩分を体外に排出役割も担っているのです。

最後に『マンガン』も見逃せません。
これが不足すると肌荒れの原因にもなります。

以上からほうれん草は非常に栄養価の高い野菜です。
ぜひ和食の一品としてメニューに加えてみてください。

 

5、かぼちゃ(Squash)

 

かぼちゃがお肌に良い理由
①抗酸化作用でアンチエイジング。
②ビタミンエース(A/C/E)全て揃っている!
③食物繊維でスッキリサポート。

 

かぼちゃの栄養の最大の特徴は『ビタミンエース』。
これは3つのビタミン(A/C/E)の総称です。
抗酸化力の高いビタミンを3つ集めたものなのです。
酸化の脅威からお肌を守り、美肌の維持に非常に役立ってくれます。

この3つのビタミンは単独でも嬉しい効果がたくさんありますが、
3つ一緒に摂ると相乗効果でさらに効果が期待できるのです。
その効果は何倍にもなると言われているのです。

それぞれ別の食材から摂取しても良いですが、
これが1つの食材から摂取できれば便利ですよね。
それができるのが『かぼちゃ』なのです。
まさに美容ビタミンの宝庫ですよね。

他のビタミンやミネラルも豊富で、積極的に摂取したい野菜です。

そしてかぼちゃは『甘くて美味しい』ですよね。
野菜嫌いの人でも食べやすいのも大きな魅力です。
料理に使っても良いですし、スープにも最適。
スイーツとして使ってもとっても美味しいもの。
かぼちゃの定番メニューをいくつかマスターしてみてくださいね。

 

6、さつまいも(sweet potato)

 

さつまいもがお肌に良い理由
①熱に強いビタミンCが豊富。
②食物繊維で腸内環境を綺麗に整える。
③甘くておやつとしても最適。

 

さつまいもは美容にオススメの野菜の1つ。
まずは熱に強いビタミンCが魅力的ですよね。

でんぷんに守られていることにより、
他の野菜よりもビタミンCが熱に強いのです。
安心して調理ができて、貴重なビタミンCを摂取できますよね。

そしてさつまいもは、何と言っても『食べやすい』こと。
野菜が嫌いな人でも、さつまいもが嫌いな人はあまりいません。
とっても甘くて、スイーツやおやつとしても最適。
食べ過ぎると太ってしまう心配がありますが、
特別糖質が多い訳でもありませんので、
適量であれば問題なく安心して食べることができます。
野菜嫌いの人に特にオススメな野菜です。

 

さらに『食物繊維』もさつまいもの栄養の魅力。
お肌を綺麗にしたければ、腸内環境も整える必要があります。
腸内環境が悪玉菌優勢のような状態で荒れていれば、
それがお肌にも表れてニキビや肌荒れの原因となります。
腸内環境を綺麗に整えることは、
お肌を綺麗に整えることにもなるのです。

他にもビタミンB群やビタミンEも含まれていますので、
十分に美肌効果を期待することができる美肌野菜なのです。

 

7、レタス(lettuce)

 

レタスがお肌に良い理由
①若返りビタミン(ビタミンE)が豊富。
②女性ホルモンの生成を助けてくれる。
③サラダとしても食べやすく調理が簡単。

 

水々しくてシャキッとした食感が美味しいレタス。
サラダの具材として代表的な存在ですよね。
サンドウィッチやハンバーガーの具材としてもGood!

何かと調理がしやすいお手軽なレタスですが、
アンチエイジングとしてもオススメの野菜なのです。
ポイントは若返りビタミン(ビタミンE)が豊富なこと。
いつまでもマイナス5才〜10才のお肌を手に入れたいですよね。
酸化からお肌を守ってくれることで、
エイジングケアで欠かせないビタミンなのです。

さらに血行を促進する作用もありますので、
お肌暗く血行が悪い人にもオススメです。

そして女性に嬉しいのが、
女性ホルモンの生成を助けてくれる働きがあることです。
特に女性は積極的に摂取してください。

またビタミンEは「脂溶性ビタミン」です。
油と一緒に摂取すると吸収率が上がるビタミンなのです。
例えばサラダとして食べる場合は、
有機亜麻仁油(アマニ油)などと一緒に摂取すると良いですね。
ダイエットにも嬉しいオメガ3脂肪酸も一緒に摂取することができます。

 

サプリメントはダメ!? 野菜のメリットは!?

 

野菜を食べるメリット・効果
①ビタミン・ミネラルなどをバランスよく摂取できる。
②食事の『かさ増し』によるダイエット効果。
③機能性成分の効果を期待できる。
④経済的。

 

サプリメントがダメという訳ではありません。
サプリメントでも、正しく活用すれば求める効果は得られます。
ただし、野菜にしかないメリットはあるのです。

まず野菜を取り入れることで、食事の『かさ増し』ができます。
わたしたちはどうしても、糖質中心の生活をしがちですよね。
ご飯や麺類などの主食が中心の食生活になっています。
多くの人が糖質過多な状態であり、余った糖質が体脂肪へと変わっています。
これが多くの人が太ってしまう原因なのです。
そこで野菜を使ってかさ増しをすれば、
糖質を中心とする主食の量を自然と減らすことができます。
ストレスなくダイエットができると、多くの人が野菜を取り入れる理由です。

 

次に『機能性成分』も野菜の大きなメリットです。
これらを総称して『フィトケミカル』と呼ばれています。
植物が紫外線などの有害物質から身を守るために作り出される成分で、
香りや色素のもとになっているものです。
トマトのリコピンなどが有名ですが、これらは強力な抗酸化作用を持っているため、
わたしたちのカラダを酸化から守ってくれるのです。
もちろんお肌も例外ではなく、美肌の維持には欠かせないもの。

さらに毎年新しいフィトケミカルが発見されていまし、
まだまだ未知の成分もたくさんあると考えられているのです。
そしてそれぞれの栄養素には望ましい組み合わせがあり、
それぞれの相乗効果で大切な役割を担っているのです。

 

以上のことから、サプリメントがダメという訳ではなく、
サプリメントで『全てが補える』という考えが危険なのです。
どうしてもサプリメントだけでは不足してしまうものもあるのです。

そのため、あくまでも主役は普段の食事にしましょう。
全ての栄養素をサプリメントで揃えてしまうような人もいますが、
それではむしろ金額的にも割高になってしまいますよね。
野菜をバランスよく食べること。これが基本。
どうしても不足する場合は、サプリメントで補うのが正しい活用方法です。
サプリメントも正しく使えば、十分な結果を与えてくれますよ。

例えばビタミン系であればハウス「1日分のビタミン」がオススメ。
13種類のビタミンがバランスよく配合されています。
足りない分は、このようなバランスの良いサプリメントで補ってください。

 

反対に野菜を食べれば全てOKという訳でもありません。
美肌を維持している人はサプリメントを上手に活用していたりしますよね。
例えば美肌におすすめな『サプリメント』5選などです。
美容に特化した優秀なサプリメントもたくさんありますので、
野菜を食べる習慣と同じく、色々と試してみてください。

 



 

オススメの『美肌野菜』まとめ

 

この記事のまとめ
①野菜は『旬』が美味しく栄養の豊富。
②定期便を利用すると習慣になりやすい。
③特に7つの野菜は美肌に嬉しい成分が豊富。
④サプリメントはあくまでも補助的に使うことが大切。
⑤野菜にはフィトケミカルなどのメリッットもたくさんある。

 

いかがでしたでしょうか?
野菜がどれだけ豊富な栄養素を含んでいるのか、
またそれが美肌にどのような影響を与えているのか、
少しでも知識の足しになれば幸いです。

野菜を食べていない人にとっては、習慣にするのは難しく感じますよね。
何事も最初は大変ですが、一度習慣にすればあとは簡単です。
野菜に関しても食べる習慣を身につけてしまえば、
そのあとは特に苦労することなく継続できるものです。
今回をきっかけに、野菜の習慣をはじめてみてくださいね。
繰り返しですが、野菜はベジタリアンベジタブルがオススメですよ。

 

ここまで読んでも、どうしても野菜の習慣を身につけられない人もいます。
野菜がどうしても好きになれない人、美味しく感じない人、
野菜を見るだけで気分が悪くなってしまうような人もいます。
さらにあまりの忙しさに全く自炊ができない人も多いですよね。

どうしても野菜を食べる習慣を身につけるのが難しい場合は、
野菜不足を解消するための『飲み物』などを活用してみてください。
サプリメントも良いですが、飲み物で栄養を摂取するのも1つの選択肢です。
野菜嫌いの人はぜひチェックしてみてください。

最後までお読みいただいてありがとうございます。
あなたが四季折々の野菜を楽しんで、
綺麗な素肌や素敵なカラダを実現することを願っています。